アメリカの大学院留学に必要なTOEFLの点数は?

シェアする

TOEFLアメリカ大学院

アメリカの大学院へ留学しようと考えたときに気になるのがTOEFLの点数です。

アメリカに留学するために必要な点数は学科によって異なります。

一つ一つ調べていくことはもちろんですが、こちらではもう少し一般的な話をしていきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

アメリカの大学院に入学するために必要なTOEFLの点数

アメリカの大学院に入学するために必要な点数は、100点です。

TOEFLで100点取ることができれば、ほとんどの大学院のTOEFLのスコアを超えることができます。

そのためまずは100点を目指して勉強をしていきましょう。

しかし言語学や歴史学など、言語をとても必要とする学科では110点が基準になっている場合もありますので注意が必要です。

また最低基準が100点でも、合格者のほとんどが110点を取っていることが一流大学だとあるので、できるだけ点数を取っておきましょう。

アメリカの大学院の工学部のTOEFLのスコア

しかし工学部ではTOEFLの点数はあまり重視されていないようで、90点でも入学することができる場合が多くあります。

MITの一部の学科ではTOEFL90点でも入学を許可している学科もありますし、Stanford大学の修士課程はほとんどが90点でも入学することができます。

工学部の学生はTOEFLの点数よりも研究実績などが見られるのかもしれません。

大学院のホームページでTOEFLスコアを確認する方法

アメリカの大学院のホームページでTOEFLスコアを確認するには少しコツが必要です。

まず大学院のホームページへ行き、サイトの中を確認します。

入学条件について詳しく書いてあるのは、AdmissionかProspective studentが多く、これらのページを詳しく見ていくと見つけられます。

大学院によってホームページのレイアウトが異なることが多いので、注意して探してみてください。

アメリカの大学院のTOEFLスコアを確認する方法

そうはいってもやはり一つ一つの大学院について調べるのは大変ですよね。

僕も大学院を探す際に、TOEFLなどの条件を探すのにとても苦労しました。

そこで現在、こちらのブログでは大学院留学に必要なTOEFLを一覧にしたTOEFLスコア表を販売しています。

現在はMITとStanford大学のみですが、これからも少しずつ増やしていく予定です。

こちらから購入していただけると、TOEFLスコア一覧を増やしていく励みになるので、もしよろしかったら下からご購入ください。

ご購入はこちらから

DLmarketで購入

もしもご要望があれば、下のコメント欄からお願いします。

アメリカの大学院留学に必要なTOEFLの点数は?
この記事をお届けした
大学院留学するための志望校決定方法の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ホームへ戻る
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

よかったらシェアしてください