スイス大学院に留学して感じた海外大学院留学のメリットとは

シェアする

留学メリット

現在、僕はスイスの大学院EPFLの修士課程に所属しています。

スイスに来てから1年半が経ち、大学院留学も終わりに近づいて来ました。

大学院留学を実際にしてみてわかった大学院留学をするメリットをこちらの記事で一緒に確認していきます。

これから大学院留学をしようと思っている人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

大学院留学のメリット

ryugaku reasons

僕が実際に留学してみて感じた大学院留学のメリットは以下の5つです。

  • 英語力が上がった
  • 海外の生活に慣れた
  • 問題対処能力が上がった
  • 幅広い知識をつけることができた
  • 勉強に集中できた

大学院留学のメリット: 英語力が上がった

english skill

大学院留学をすることで、英語力は格段にあげることができました。

初めは英語でのプレゼンにとても苦労していましたが、今ではある程度話す内容を決めていれば30分くらいのプレゼンは難なくこなせるレベルまでになりました。

ディスカッションでの発言力がついた

海外大学院留学をしたばかりのときは、ディスカッションでもしっかりと自分の意見を発言することができませんでした。

自分の主張がはっきりと相手に伝わらず、もどかしい思いを何度もしたのを覚えています。

せめて自分のやりたいことや、やったことだけでも理解してもらおうと、自分の考えをまとめた書類を作りシェアしたこともありました。

しかし、大学院留学から1年くらい経つと、ディスカッションにおいても意見をしっかりと伝えられることが多くなり、自由に意見交換をすることができるようになりました。

そのため、初めはリーダーに従ってプロジェクトを進めるばかりでしたが、最後では自分が他の人に指示を出してチームをひっぱることもできるようになりました。

日常会話から専門的な会話まで対応できるようになった

このように英語でのコミュニケーションは格段に上げることができました。

大学院留学をすると授業もディスカッションも全て英語で行うため、英語表現をインプットする機会も多く、また英会話を日常的にすることで少しずつ英語力を上げることができたように感じます。

今ではランチのカジュアルな会話から、研究の進め方について様々な内容の英語を話すことができました。

多くの人と話すことで、会話の幅も少し広がり色々なことを話せるようになる会話力やコミュニケーション能力も上げることができました。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

TOEFL90点でも留学できた!英語力は大学院留学で自然に身につける
英語力が不安だから、大学院留学するのは諦めようと考えている人も多いのではないでしょうか。 入学するのも大変ですが、入学してから...

大学院留学のメリット: 海外の生活に慣れた

new environment

海外に長く滞在することがない人も多いと思いますが、大学院留学をすると海外に長く生活することに慣れます。

そのため仕事をしようと思えば、どこにでもいける精神的な強さを手に入れることができます。

海外での生活は新しいことだらけ

海外での生活は慣れないことの連続で、ストレスを感じることもたくさんあります。

特にわからないことが多くあるので、生活を始めてから1ヶ月はずっとストレスの連続でした。

スーパーの量り売りのやり方すらもわからず、野菜を買うことすらできないこともありました。

しかし、徐々に新しい環境にも順応させることができるようになると、生活を楽しめるようになり、視野も広がっていきます。

海外生活の経験で視野が広がる

海外で生活をすると、日本で当たり前だと思っていたことが当たり前ではないことに気づかされます。

スイスでは電車に乗るとき、改札がなくチケットを買わなくても乗ることができます。しかし、定期的に来る駅員にチケットがないことを見つかると罰金を払わせられます。

このように海外で生活していると日本とは違った決まりを知ることが多く、いろいろなことを勉強することができます。

大学院留学をして長期間海外に住んでいた経験があれば、将来海外に派遣されたとしてもすぐに現地に対応することができます。

海外に長期間住むことで、日本で当たり前だったことが当たり前でないことに気づかされ、卒業後に海外に行っても問題を起こす可能性を減らすことができます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

グローバル社会の現代|海外での適応力を大学院留学でつけませんか?
人生において環境が変わることが多くあります。 それは大学で東京に上京するときや、会社で転勤するときなど様々なときがありますが、...

大学院留学のメリット: 問題対処能力が上がった

question-mark-2010009_960_7202

今まで長く住んできた日本の生活と異なる点も多々あり、ストレスを感じることもたくさんありますが、それを乗り越えることで成長することができました。

大学でも情報がほとんどなくて、様々な問題にぶつかりましたが、色々な人に相談しながらなんとか解決することができました。

自分が動かなきゃ何もしてくれない

日本の大学はとても親切で、何か問題があっても大学側から積極的に解決してくれますが、海外では自分が動かなければ誰も解決してくれません。

何か問題が起きたときにすぐに動き、問題を解決する能力は海外の大学院に入学したことで得ることができました。

カリキュラムで問題が起きたとき、どうしたらいいのかずっと迷っていたけれども、学生課に相談したらすぐに問題を解決してくれました。

しかし、学生課は自分から相談しに行かないと全く何もしてくれないので、自分で動き出すことが大切です。

問題に冷静に対応できるようになった

大学院留学中に様々な問題が起こりましたが、それらの問題を解決していくうちに問題が生じても焦らずに冷静に対処することができるようになりました。

単位数が足りなくなりそうなときにも、一人で悩まず、まずは学生課に相談してみようと思えるようになりました。

今では問題が起きたらすぐに学生課に相談して、解決法を考えてもらうようにしています。

一見、相談ばかりしているとダメな学生のようですが、色々と相談に来る学生の方がしっかりと問題を対処しようとしているように思えます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

困難だらけの大学院留学|その経験が問題解決能力を育ててくれる
海外の大学院留学で問題に遭遇することも多くあります。 僕の場合、大学のカリキュラムをしっかりと理解していなかったこともあり、問...

大学院留学のメリット: 幅広い知識を身につけられた

knowledge

日本の大学と異なり、海外の大学院の多くは修士課程で主に授業を行います。

僕が留学しているEPFLも修士課程の学生は講義中心で、実験は最後の学期のみ行います。

研究を長い間行わない代わりに、たくさんの授業に出席してたくさんのことを学ぶことができました。

1週間で30時間の授業

僕が現在所属しているEPFLでは一学期の間に30コマ(1コマ1時間)の授業を受けることが求められます。

平均1日6時間ほど授業を受け、また課題も多く出されるので、課題もこなしていく必要があります。

とても大変ですが、授業・課題・テストの3つをしっかりとこなすことで、知識をしっかりと身につけることができました。

自分の専門分野について幅広い知識を身につけることで、今後自分で実験を計画するときに生きてくると思います。

また様々な分野の勉強をすることで、自分がどの分野に興味があるのかを明白にすることができ、広い選択肢の中から研究テーマを選ぶことができます。

グループワークも多い

また海外の大学院の授業ではグループワークなども多くあるため、講義をただ聞いて暗記するだけでなく、実際に知識を活かして議論する場も設けています。

僕が経験したグループワークでは、iPS細胞を利用した人工臓器の作成に向けてどのような技術が必要になるのかについてグループで議論していきました。

答えがない状況でも自分たちの知識を活かし、できる限り実現可能になるようなアイディアを出していくことで授業の知識を自分たちのものにすることが出来ました。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

幅広い知識を身につけて、研究者としての基礎を築くには大学院留学
日本の大学院では主に学生は研究をすることが求められるので、授業よりも自分の研究を進めることが多いです。 研究を進めることができ...

大学院留学のメリット: 勉強に集中できた

study habit

日本の大学院生は、アルバイトや飲み会、友達づきあいなど様々な誘惑ややらなければいけないことがありますが、大学院留学では勉強に集中することができました。

特に海外の大学院は毎週のように課される課題をこなすのに精一杯で、他のことをしている余裕はあまりありません。

評価が厳しい

海外の大学院では卒業生は自分たちの学校のブランドを象徴するものだと考えているので、卒業生たちの質を上げるために評価も厳しく設定しています。

日本ではある程度勉強していればしっかりと単位を取ることができますし、簡単にいい成績を取ることもできます。

しかし、海外では一生懸命勉強していてもあまり望ましくない成績を取ることも大いにありますし、勉強していても単位を落とすこともあります。

そのため多くの学生は一生懸命勉強していて、その危機感で自分も勉強に集中することができます。

毎日8時間以上勉強する

一日平均6時間の授業を受け、その後3時間くらいの自習をしないと大学院の授業についていくことができません。

そのため空いている時間のほとんどを図書室で過ごすくらいの覚悟で勉強をしていく必要があります。

勉強に時間を取られてしまうため、他のことはあまりできませんが、そのぶん勉強に集中することができるため、様々な知識を学ぶことができました。

大学院生の本分は勉強なので、大学院留学をして2年間勉強漬けだったのは僕にとって貴重な経験でした。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

学生の本分はやはり勉強!勉強に集中するなら大学院留学が一番
学生の本分はやはり勉強です。 日本の大学院では成績が良くてもあまり評価されないようですが、やはり勉強をしっかりとやることが一番...

最後に

大学院留学の大きなメリットとして5つのメリットが挙げられます。

  • 英語力が上がった
  • 海外の生活に慣れた
  • 問題対処能力が上がった
  • 幅広い知識をつけることができた
  • 勉強に集中できた

大学院留学は辛いこともたくさんありますが、とても有意義な経験もたくさんありました。

とても充実した生活を送りたいならば、大学院留学をしてみるのもいいかもしれません。

大学院留学を悩んでいる人の参考になれば幸いです。

スイス大学院に留学して感じた海外大学院留学のメリットとは
この記事をお届けした
大学院留学するための志望校決定方法の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ホームへ戻る
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

よかったらシェアしてください