交換留学じゃダメ?学位留学と交換留学の大きな違い

シェアする

こちらのブログにはたくさんの記事が載っています。
全ての記事を読むのはとても大変で、時間を使ってしまうのでまずはこちらの10記事を読んでください。
> > 初めての人に読んでほしい10記事 icon-external-link 

交換留学ng

僕が大学院留学をした時によく言われたのが、「わざわざ学位留学をしなくても交換留学でいいんじゃない?」という言葉でした。

確かに学位留学をしなくても交換留学をすれば、大学院で授業を受けることができますし、海外での生活も体験できます。

しかし、僕はやはり交換留学ではなく学位留学をお勧めします

ここでは交換留学と学位留学の大きな違いについて紹介していきます。

1. 学位留学を勧める理由

challenge

学位留学を勧める理由は、一つだけです。

本気度が違う

学位留学は交換留学と違い、逃げ道がなく、「勉強するしかない」状況に自分を追い込みます。

そのため、多くの正規留学生は一生懸命勉強して、多くのことを学びます。

留学期間は交換留学生の2倍ですが、学ぶことのできる量は2倍以上だと思っています

本気で勉強をしたい人にとっては、最高の環境であるのが学位留学です。

2. 交換留学の実態

exchange student

人によって交換留学の内容は大きく変わるとは思いますが、これまで見てきた多くの学生は海外の長期滞在でした。

交換留学では単位をたくさん取る必要もないので、学位留学の学生に比べてとっている授業は半分ほどです

そのため学位留学に比べて比較的余裕があり、様々なイベントに参加したり、旅行したりすることも可能です。

2.1 取得単位数は正規留学生の半分ほど

EPFLの正規学生は1学期で30単位を取る必要があります。1単位1時間の授業なので、1週間で30時間の授業を受け、復習やグループワークのミーティングを行っています。

そのため、毎日たくさんの授業を受けて、自習して、と忙しい毎日を送っています。

交換留学生の場合、単位の変換がされることもほとんどないので、授業をたくさん取ることはありません。

僕の知っている限り、交換留学の学生は4~5コマの授業を取っているので、9~10コマほど授業を取っている正規学生の半分ほどでした。

コマ数が少ないため、比較的余裕を持った生活を送ることができますし、授業以外の留学生の交流イベントに参加したりもしています。

またカリキュラムに縛られることもないので、自分の興味がある授業をカリキュラムや専門にとらわれず受けることができます。

2.2 交換留学はとても楽しい

交換留学に来ている人はこちらでの生活をとても楽しんでいます。旅行に行ったり、外国人の友達を作ったりしています。

交換留学の人の冬休みの予定を聞くと、様々な国を周るヨーロッパ旅行の計画をしていてとても楽しそうです。(正規留学生はテスト直前なので、旅行している余裕はない)

また交換留学生を対象とした交流イベントもたくさんあり、多くの海外の友達を作っていました。

国際交流、海外旅行という二つの点で、交換留学の方が優れています。

「海外の生活をしてみたい」「旅行をたくさんしたい」という方には交換留学はとてもオススメです

3. 大学院留学は辛いけど、充実してる

一方、大学院留学はたくさんの授業と多くの課題に追われて初めはとても苦労します。

平日は授業と復習に追われ、休日に溜まった家事をして家でゆっくりして終わる、という生活を繰り返していました

旅行にはたまに行けますが、交換留学生ほど旅行を楽しむことができません。

ミーティングが週末に入ることも多いので、(みんな授業の時間が合わず、週末しか会えない)週末も勉強しなければならないことも多くあります。

しかし、交換留学では味わうことのない達成感はあります

3.1 みんな責任感が強い

グループワークなどで、話し合いをする際はみんなしっかりと話し合いに参加し、とても有意義な時間を過ごせます。

また責任感は非常に強いので、話し合いで決まったことやそれぞれの仕事は次の話し合いまでに必ずやって来てくれるので、話し合いがとてもスムーズに進みました

それぞれがしっかりと自分の役目を果たし、最終プレゼンが満足のいくものになった時はやはり嬉しいです。

グループワークの中で責任感やそれぞれの役割をしっかりと果たす重要性を学ぶことができました。

3.2 明確な目標がある

また交換留学と違い、大学院留学は卒業要件を満たさない限り卒業することができないので、みんな必死に勉強します。

特に卒業条件は厳しく、特定の授業は落とせない場合があるので、辛くても投げ出しません。

そのため交換留学生と違って、途中でドロップアウトすることもあまりないので、仕事を任せやすいです。

同じ目標に向かっている仲間、という意識もあるので、留学生の友達とは戦友のような気持ちになれます

4. 最後に

僕は交換留学をしたことがないので、厳密に交換留学と学位留学を比較することができませんが、やはり学位留学をする学生の方が覚悟を決めて勉強しています。

やはり真剣に勉強している学生が多く、責任感も強い人に囲まれて勉強するのはとても幸せなことだと思います。

本当に一生懸命勉強したいのなら、学位留学をすることをお勧めします

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサードリンク