学費と留学期間から考える海外大学院進学先決定方法

シェアする

こちらのブログにはたくさんの記事が載っています。
全ての記事を読むのはとても大変で、時間を使ってしまうのでまずはこちらの10記事を読んでください。
> > 初めての人に読んでほしい10記事 icon-external-link 

留学費用

進学先国を決定するのは、留学費用や学費・留学期間を考える上で非常に大切です。

進学する先の国によって留学費用や学費、留学期間は大きく変わります

進学先を大まかに決めておくことで大学院を効果的に選ぶことができます。

僕は学費の点から「奨学金が取れたらアメリカに留学、取れなかったらアメリカの博士課程もしくはヨーロッパの修士課程」と決めました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

主な進学先

海外の大学院に進学しようと考えたときに、進学先を大きく分類すると以下の3つになります。

  • アメリカ留学
  • イギリス留学
  • ヨーロッパ留学

それぞれの進学先にはいい点も悪い点もあるので、各国に進学した場合どのような特徴があるのかについてこれからまとめていきます。

アメリカ留学の学費と期間

アメリカの大学院へ進学した場合、留学期間は以下のようになります。

  • 修士課程の留学期間は通常2 年
  • 博士課程の留学期間は通常4〜8 年

アメリカの大学院は様々な国の学生が集まる非常に国際的な大学が多いです。

アメリカの大きな特徴は一流の環境高額な学費です。

一流の研究環境

世界大学ランキングを見てもわかるように世界でトップの大学のほとんどがアメリカの大学です。

世界中から優秀な研究者がアメリカに集まり、研究を行っているためアメリカの大学に進学すると一流の研究環境の中、勉強することができます。

アメリカでは一般的に競争社会なので、世界中から集まった優秀な研究者と協力しつつも切磋琢磨して自分を高めることができます。

修士課程では高額な学費を負担しなくてはいけない

一流の大学は、最新鋭の設備と一流の講師陣で成り立っています。

そのため研究環境としては最高ですが、その分学費が非常に高くなります。

修士課程では、公立大学で学費が一年でおよそ300〜400万円、私立大学では学費が一年でおよそ400~600万円かかります。

また修士課程では奨学金がほとんどないため、修士課程に進学すると非常に高額な学費を負担しなくてはいけません。

博士課程は生活費まで負担してくれることが多い

一方、博士課程に進学すると大学や研究室から研究員として雇われるため、学費と生活費は大学側が負担してくれます

RA,TAなどを行うことで生活費が支給されるので、これらを研究の合間などに行う必要があり大変です。

しかし努力をすれば、お金の心配をする必要がないことは大きな利点です。

ポイント
  • アメリカ大学院の特徴は最高の施設と高額の授業料
  • 修士課程は自己負担であることが多い
  • 博士課程は研究室から生活費を負担してもらえる

イギリス留学の学費と期間

イギリスの大学院は、修士課程は 1 年で修了するものが多いのが大きな特徴です。

そのためアメリカのように長期休暇がなく、厳しいコースワークが課されます。

イギリスの大きな特徴は高額な学費と短い留学期間です。

高額な学費

アメリカの大学院ほどではありませんが、イギリスの大学院の学費も非常に高価です。

例えばOxford大学では一年間の学費がおよそ20,000ポンドでおよそ300万円くらいかかります。

それに生活費や滞在費、航空券代などがかかるので留学費用は非常に高くなります。

そのためイギリスに進学する際には高額な学費や留学費用がかかります。

またアメリカに比べて奨学金が少ないので、学費などを自己負担しなくてはいけない可能性が高いです。

しかし進学から1 年で修士号を取得できるため、留学費用を抑えることができます。

二つの修士課程のコース

修士コースは「Taught Masters(講義主体のコース)」、「Research Masters(研究主体のコース)」の 2 種類に分かれています。

Taught Mastersは講義を中心に卒業に必要な単位を取得することで、学位を取ることができます。

一方、Research Mastersの場合、日本と同じように研究を行いMaster Thesisを書き、受理されることで学位を受け取ることができます。

短い留学期間

アメリカとは違い、イギリスの大学院には1年で修了するコースも数多く用意されています。

留学期間が短くなることで、高額な学費や高い生活費を抑えることができ、結果的に留学費用は安くなります。

しかし短いためアメリカのように長期休暇にインターンシップに行くなどの時間はなく、授業や研究に集中して卒業まで一気に進めていきます。

ポイント
  • イギリスの特徴は高額な授業料と短い留学期間
  • 授業料は高いが、一年で修了なので費用を抑えられる
  • Taught mastersとResearch Mastersの二種類がある

ヨーロッパ留学の学費と期間

ヨーロッパの大学院は、授業料が非常に安いのが特徴です。

ヨーロッパの大学院の授業料は日本よりもはるかに安く、そのため留学費用を抑えることができます。

留学期間は進学してから2年間で、日本と同じ期間勉強をすることができます。

日本の奨学金は非常に競争力が厳しく取るのが大変です。

しかしヨーロッパ留学だったら、奨学金がなくても十分に留学することができます。

非常に安い学費

アメリカの大学院とは違い、ヨーロッパの大学院の学費は一般的にかなり安いです。

スイスEPFLの一年間の学費は1600CHFほどで、年間20万円ほどです。

日本の大学院よりも安い学費のおかげで、留学費用を抑えることができます。

しかしスイスのように物価の高い国では生活費が膨らんでしまうので、国の物価も合わせて確認しておきましょう。

英語以外の言語を勉強する必要がある

ヨーロッパの一番のデメリットとしては、現地の言葉を少しは勉強しなければいけないという点です。

ドイツではドイツ語を、スイスではドイツ語やフランス語を勉強する必要があります。

大学院の授業は英語で行われることが多く問題はありませんが、日常生活をする上で現地語を勉強する必要があります。

ポイント
  • ヨーロッパの特徴は安い学費
  • 奨学金無しでも留学可能
  • 第二外国語が必要になることがある

最後に

大まかではありますが、各国の大学院の特徴や学費・留学期間をまとめてみました。

それぞれの国の大学院の制度・学費・留学期間は大きく異なるので、実際に希望する大学の制度については自分で再度調べてください。

留学先国別の制度・学費・期間についてはこちらの本に詳しく書いてありましたので、こちらの本も合わせて読んでみてください。

こちらはアフィリエイトプログラムを利用しております。

売り上げの一部がこちらのブログの収益となり、ブログの充実に充てさせていただきます。

学費と留学期間から考える海外大学院進学先決定方法
この記事をお届けした
大学院留学するための志望校決定方法の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ホームへ戻る
自己紹介
 

広瀬雄一

2015年に東京大学工学部を卒業し、同年9月からスイスの大学院EPFLに修士課程の学生として留学しています。卒業予定は2017年7月。こちらのブログで海外の大学院へ入学するために必要な情報を発信しています。Facebookにて主にブログの更新情報をお知らせしています。
質問コーナー

質問受け付け

 
 
大学院留学についての質問を受けています。すぐに応えられるかどうかわかりませんが、時間があるときに答えていきます。
無料ダウンロード

無料ダウンロード

 
 
こちらからブログの内容や実際に提出した推薦状・成績表などをダウンロードすることができます。興味があればぜひダウンロードしてください。
  • 志望校決定方法
  • TOEFL対策
  • 推薦状
  • 大学成績
  • 大学院別必要TOEFL/IELTS
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

よかったらシェアしてください