大学院留学は本当に楽しいのか?海外大学院留学の実態

シェアをお願いします

tsu18_okomedoudesuka_tp_v

海外の大学院に留学する前に知っておきたい海外留学の実態

海外の生活に憧れる!

自分の能力を外国で試してみたい!

外国の大学院ってカッコ良さそう!

大学院留学を希望するときに抱く海外大学院のイメージはこのようなものではないでしょうか?

しかし長い留学生活には楽しいこともあれば、辛いこともあります。

そうした留学生活の実態をこの記事ではできるだけ正確に伝えていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

留学生活で楽しい点

海外に留学すると、日本とは違う海外の刺激的な生活を楽しむことができます。

様々な国の友達とパーティをしたり、イベントに参加したりと留学生活の楽しい部分を詳しく説明していきます。

ホームパーティー

いろいろな国の人とホームパーティーを行うことがあります。

このような文化の交流があるのは留学生活の醍醐味ではないでしょうか。

寿司の食べ方を教えてあげたり、食べ物の説明をしたりと自分にとっても勉強となるようなことがたくさんありました。

学生団体のイベント

ブログの方でもいくつか紹介していますが、学生団体のイベントなども多く開かれています。

これらのイベントも日本にはないもので、楽しむことができます。

僕は時間の関係であまり参加できていませんが、好きな人は多くのイベントに参加しているようです。

海外旅行

ヨーロッパの大きな特徴として、いろいろな国を旅行しやすいという点が挙げられます。

知り合いの中には一年間の留学で10か国以上回ったという強者もいて、様々な観光地を楽しむことができます。

僕はまだドイツのミュンヘンにしか行ったことがありませんが、卒業時にはいろいろな国を回ろうと考えています。

ヨーロッパ留学を考えている方は是非お金を貯めておきましょう。

充実した勉強環境

やはり留学に来た以上、勉強も欠かすことができません。

1日の大半を勉強に費やすと言っても過言ではないこの学生生活ですが、これはこれで非常に楽しいです。

特に毎日課題が多く出題されていてやらなくてはいけないことが多いですが、周りも同じようにたくさん勉強しているので、彼らと高め合って勉強することができます。

日本のように就職活動に追われて勉強ができないということもないので、勉強に集中できる今の環境は素晴らしいです。

特にEPFLでは課題に対してTAに質問できる時間が長いので、自分でわからなかったところをしっかりフォローしてもらえます。

留学生活の良くない点

留学生活というと華やかなイメージですが、実はつらいこともたくさんあります。

むしろこちらの方が多いかもしれません。慣れない環境で、様々な困難を一人で解決していかなければいけません。

頭が良くても、何か問題が起きた時に解決できるような根性がないと留学生活は厳しいように感じます。

しっかりと自己主張ができ、問題が生じた時にでも自力で何とか解決できる精神力を身につけておきましょう。

情報が少ない、いや少なすぎる

とにかく情報が少ないです。

特に学生間のつながりがゼロできた僕にとっては、カリキュラム一つをとってもわからないことだらけでした。

日本のように学生課が何でもサポートしてくれるということもなく、自力で情報を集めて対処していく必要があります。

もちろん情報をしっかりと集めることも能力の一つなのですが、このような面倒な作業に追われてしまうのは留学の大きな欠点です。

就職活動が大変

最初の一年はそれほど就職活動を意識していませんが、卒業まで1年をきると卒業後の進路について考えるようになります。

本格的な就職活動をするのは卒業目処がついた頃のようなのですが、様々な不安要素が留学生にはあります。

まず一つは言語の問題。

僕は修士課程に所属していますが、働いた実績もなく、博士課程のような一つの専門を持っているわけでもないので現地での就職は非常に困難なようです。

特に留学生には「スイス人ではなく、自分を雇うメリット」を正確に伝えていく必要があるようです。

勉強が大変

freee151108088447_TP_V

勉強環境は最高ですが、やはり勉強は大変です。

課題がたくさん出されて、授業の予習、復習なども行うとそれで1日が終わってしまいます。

日本の大学生はうまくアルバイトを両立させている人もいますが、現時点では僕には不可能です。

勉強漬けの毎日になりたいなら海外留学がオススメですが、課題を3時間考えて分からなかった時は日本に帰りたくなります。

研究ができない

EPFLの修士課程は、Master thesisは1学期で仕上げます。

他の学期では授業に出て勉強をして知識を増やしていきます。

そのため日本のように毎日研究を進めるといったことができず、研究能力については日本の学生よりも劣ってしまいます。

詳しいことはこちらの記事にも書いてあるので、ぜひ見てください。

お得な留学スイス留学にも存在するいくつかの欠点
お得な留学スイス留学にも存在するいくつかの欠点
EPFL留学の欠点 スイス留学の利点でスイス留学における利点をあげていきました。EPFLは非常に新しくも研究がかなり進んでいる...

最後に

この記事では、大学院留学の現状について良い点も悪い点についても述べていきました。

ドイツから修士をしている日本人の先輩も言っていましたが、「海外で修士を取るのは覚悟がないとできない」と思います。

毎日降ってくる課題から逃げずに勉強を続ける覚悟がしっかりとあるのかをもう一度考えて、それでも留学したいと思うならば、目標に向けて努力していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローする