スイスダイエットで3kg減!

シェアをお願いします

人々の関心を常に集め続けているもの、それはダイエット!

「リンゴダイエット」「炭水化物ダイエット」などの食事制限を加えるダイエットや「ロングブレスダイエット」や「イージードゥダンササイズ」などの運動によるダイエットなども人気。

僕は今のところダイエットにそれほど興味がなく、着々とスイスで脂肪貯金を蓄えているのだが、スイスに来たばかりの頃は1ヶ月で3kgは痩せることができた。僕はこのダイエット方法を「スイスダイエット」と呼んでいる。

そんな1ヶ月で3kgも痩せることができるスイスダイエットの方法を教えていこうと思う。

*****

スイスダイエットの方法はとても簡単!スイスに来て暮らすだけ!

え?そんなんでどうやって痩せるの?

って思うかもしれない。しかし、その秘訣はスイスに来てくれればすぐにわかる。

スイスダイエットの秘訣は、その物価の高さなのだ。

まずはスーパーに行って欲しい。普通のお肉の値段は「1kg36CHF」くらい。日本円にすると「100g=400円」くらいなのだ!普通の学生はここで手が止まる。まず買えない!

どうしよう、お肉が買えなくなったぞー。仕方ない、ベーコンとか、ソーセージなら買えるかも、と期待して見てみると「1kg=18CHF」なので、「100g=200円」くらい。

これくらいなら買えるかなーと我が家のお肉の摂取方法はベーコン・ソーセージに決定。今ではベーコンくらいなら気軽に買えるが、初めの頃はベーコンですら買うときに3分は悩んでいた。本気でベジタリアンになろうと考えたこともあった。

スイスに来ると、それくらい食べ物を買うことに対するハードルが上がるのだ。そのため1日に食べる量が圧倒的に減る。

スイスでは安いパスタをたくさん買い、トマトソースなどで食べるだけの日々がしばらく続いた。

スイス滞在2週目くらいのときは「あれ?コーラの値段って日本と変わらないし、コーラってお腹に溜まるから意外と一食分になるんじゃない?」という、本当にヤバい思想を持ち始め、昼ごはんがコーラ一本(500ml)という時もあった。

1日3食の生活から、どんどんと1日2食になり、最終的に1日1食になってしまう。これによって3kgほど体重を落としていた。

全く不健康でオススメできないダイエット法であるが、本当にスイスに来ると初めはこれが起きる!物価が高くて何も買うことができないのだ。

*****

だから僕はスイスに新しく来た子にはこのように聞いている。

「スイスに来て、どこまで買えるようになった?」

スイスに来たばかりの子は「パスタしか買えないっす」とか「じゃがいもばっかり食べてます」と言う回答が返ってくる。

ちょっと慣れてくると、ベーコンやチーズなど、食事を楽しむためのものも買えるようになってくる。このようにスーパーで少しずつ買い物できる幅が広がっていくのもスイス留学の楽しみなのかもしれない。

2年間近く住んでいる自称「スイス通」な僕は土曜日の夕方ぐらいにスーパーへ行き、半額になる肉を虎視眈々と狙っている。半額になると、少し買えるくらいの気持ちが持てるのだ。

スイスに留学する方はぜひ、この物価の高さを覚悟しておいて欲しい。

*****

ちなみにスイスから日本に帰るときは逆にパラダイスである。牛丼が300円くらいで食べられる幸せをこれ以上ないくらいに感じることができる。

日本にいたときは、すき家で「カルビ丼」なんて高くて特別なときくらいしか食べることがない。基本、すき家で食事をするときは節約したいときなので、そこでカルビ丼なんか頼んでしまったら、すき家へ行った意味がなくなってしまうのだ。

しかし、一度日本に帰ったときにすき家へ行ったときは驚いた。

安すぎる。。。

え?こんなに安くていいの?本当にいいの?スイスとは逆の意味で、商品の前で固まってしまう僕だったが、スイスの物価に慣れてしまった僕は「こんなに安いなら、カルビ丼にしようかな」と留学前だったら頼むことのないカルビ丼をポンと注文してしまった。

人の慣れとは本当に恐ろしい。スイスの物価に慣れて来てしまった僕にとっては、日本の物価はとても安く感じてしまう。だから無駄遣いも増える。

ちょっと喉が渇いたら、コンビニでお茶でも買おうかな、なんて平気で言っている。そのおかげで、今度は僕の体は太ったけれども、お財布がダイエットしてしまい、すっからかんである。

スイス留学者の方はぜひ日本に帰国した際には「日本の物価パラダイス現象」を自覚して、無駄遣いを抑えて欲しい。

しかし、知り合いにスイス留学から帰って来たばかりの人がいる人はチャンスである。本人の金銭感覚がまだスイスになっている間に一緒にご飯へ行き、「あ、これくらいだったら奢ってあげるわー」という言葉を期待しよう。

本当にスイスだと一度食事に行くと4000円以上かかってしまうので、「金の蔵」のような安い居酒屋ならかなり高い確率で奢ってもらえるはずである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク