スイスの物価は高い!そこから広がる日常会話

シェアをお願いします

初めての人に会うとき、どんな話をするだろうか?

初対面の人との会話の定番は天気の話だと思う。

Aさん
今日はいい天気ですねー
Bさん
そうですね!

そんな話がいたるところで行われているだろう。

日本語が話せる友達の話によると、日本語検定の最初の例文は天気の話らしい。

そんな定番中の定番である天気の話だが、スイスでは別の話題が使われることがよくある。

それは物価の話だ。

僕は留学生だったから周りの友達もほとんど留学生だった。留学生同士の会話ではほとんど物価の話になる。

そして、スイスの物価は高すぎるという文句で終わる。それくらい、スイスの物価は高い。

では、実際のやりとりを見てみよう。果たして、この例文が日本語検定の例文に採用されるかは疑問であるが。。。

Aさん
初めまして
Bさん
初めまして
Aさん
スイスにはいつ来られたんですか?
Bさん
先週来ました!
Aさん
スイスはどうですか?
Bさん
自然が多くていいですね!すごく素敵です。
Bさん
けど、やっぱり物価が高くて大変です。
Aさん
やっぱりそうですよね!僕もこの物価に長い間悩まされています。笑
Bさん
東京って同じくらい高いって聞きましたけど、こっちの方が高いですか?
Aさん
いやいや、日本の方が安いですよ!

よく東京も物価が高いっていう人がいるのが不思議だ。東京だったら牛丼は500円で食べられるし、スイスよりもはるかに安いのに、未だに東京は高いってイメージがあるようだ。

こんな風に留学生同士の共通の話題は物価の話になることが多い。

スイスで友達を作りたいなら、ぜひ物価の話題は仕入れておこう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアをお願いします

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク