TOEFL対策の全て

シェアする

toefl front page

はじめに

TOEFLは大学院留学をする上で超えなければならない壁です。しかし英語が苦手な日本人にとってはTOEFLで高得点を取るのは非常に難しく、苦労する人も多いです。ここでは英語が苦手な人でも大学院留学に十分な点数を取るための方法を書きました。TOEFLで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 icon-info TOEFLの一般的な知識について

toefl information

大学院留学の一番の障害といえばやはりTOEFLです。TOEFLで大学が指定する点数を取らないと、どれほど魅力的な研究実績や成績を残していても合格することができません。まずはしっかりと大学が指定するTOEFLのスコアをしっかりと取りましょう。「彼を知り己を知れば百戦殆からず」というように、TOEFLがどんなテストかを知っておくことは重要です。こちらの記事でしっかりと読んで、TOEFLの対策を始めていきましょう。

記事一覧

 icon-bar-chart-o 実際にとってTOEFLのスコア

僕は留学をすることはできましたが、それほどTOEFLでいいスコアを取ることができませんでした。世間では100点が大学院留学の目安と言われていますが、100点を取ることができなくても十分留学ができるということを示すためにもここで実際にTOEFLで取ったスコアを紹介して行きます。

TOEFLスコア

TOEFL1 TOEFL2

TOEFL3

TOEFL4

記事一覧

 icon-book TOEFL対策に役に立つ本の紹介

TOEFL対策において、問題集選びは非常に大切です。正しい問題集を選んで、それについて集中して勉強していくことで確実にTOEFLのスコアを上げることができます。TOEFLを勉強するのにオススメの教材をランキング形式で紹介していきます。TOEFLの勉強の参考にして頂ければ幸いです。

記事一覧

 icon-pencil TOEFL勉強法

 icon-book リーディング対策

Reading対策をしなくても大丈夫だと思っているかもしれませんが、実はそんなことはありません。大学院留学するためにはReadingでの高得点が必要があり、そのためにはTOEFL対策が必須です。Readingで失敗しないためにも油断せずに対策しましょう。

記事一覧

 icon-headphones リスニング対策

リスニングは4つのパートで、最も大切なパートです。Listeningの30点はもちろんのことSpeakingやWritingでもリスニング力が土台となっています。Listeningは英語の基礎であるとともに、大切なパートだと認識し、より多くの時間を割くようにしましょう。

記事一覧

 icon-microphone スピーキング対策

Speakingは多くの人にとって一番苦手なパートではないでしょうか。どうしても出題形式が独特なため、練習を十分にしていないと本番で緊張しすぎて言いたいことをしっかり言えなかったりします。正しい訓練を積んで目標点を目指しましょう。

記事一覧

 icon-edit ライティング対策

Writingは対策をしないと、何を書いていいのかわからなくなります。しっかりと論理的に筋の通った構造で文章を展開していくために、しっかりとした文章構造の確認とテンプレートを用意しておくことで、ミスや分かりにくい文章になるのを防ぐことができます。

記事一覧

シェアする

フォローする