研究室はできるだけ事前に訪問しておいたほうがいい

シェアする

こちらのブログにはたくさんの記事が載っています。
全ての記事を読むのはとても大変で、時間を使ってしまうのでまずはこちらの10記事を読んでください。
> > 初めての人に読んでほしい10記事 icon-external-link 

研究室訪問

大学院留学を考えたときに、研究室を事前に訪問しておいたほうがいいのかどうか迷う人も多いと思います。

研究室を訪問するためには、航空券を買ってホテルを予約して、とお金がとてもかかってしまいためらう人も多いはずです。

しかし、大学院留学をしたいなら研究室訪問をしておいたほうがいいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

研究室訪問をしておいたほうがいい理由

研究室を訪問しておいたほうがいい理由は主に2つです。

  • 研究室の雰囲気を知ることができる
  • 試験で有利

研究室を訪問することは入学試験においても、入学後においても重要なので、横着せずに足を運んで研究室を見せてもらいましょう。

研究室の雰囲気を知ることができる

laboratory

これから何年も研究を進めるための研究室なので、入学前に必ず一度は訪問をしておいたほうがいいでしょう。

特にボスの人柄は研究を進める上で非常に重要で、あっていないボスのところを選んでしまうとそれだけで辛い時間を過ごすことになってしまいます。

知り合いはPhDを途中でやめた

EPFLに入学して知り合った中国の友達は、EPFLにPhDとして入学したもののボスとなかなか合わず、辛くなって1年でやめました。

もちろん辛かったり、やめたくなったらやめたほうがいいのですが、研究室を事前に選びしっかりと雰囲気を感じていれば、そのようなことは避けることができたのかもしれません。

特にボスによっては、何をやっても批判してくる人もいるようなので、論文だけでは伝わらない人柄を見に行くためにも研究室を見ておきましょう。

研究内容や実験器具を詳しく知れる

また研究室を訪問することで学生がどのように研究を進めているのか、自分の研究はこの研究室で進めることができるのかを知ることができます。

研究室を訪問すると見学ツアーを開いてくれることが多いようなので、見学ツアーの中で研究内容や実験器具についてたくさん質問しておきましょう。

実際に雰囲気や実験器具を見ることで、留学後の学生生活をより鮮明にイメージすることができます。

試験で有利

connection

日本ではコネクションと聞くと、「癒着」のような悪いイメージを抱く人が多いですが、海外ではコネクションも実力の一つとみなされます。

そのためできるだけ教授とコネクションを持っておくことが、試験を有利に進める上で必須です。

そのためヨーロッパでは多くの学生がインターンシップなどを通して、様々な人とコネクションを築き上げています。

受験生の大半がコネクションを持っている

EPFLの博士課程に応募した学生のほとんどがすでに教授と何らかのつながりを持っているようです。

EPFLの博士課程に応募した僕の友人もEPFLの研究室で半年ほどインターンシップをしていましたし、他の学生もインターンシップや研究室見学など事前に教授とコンタクトを取っていたようでした。

日本では試験をパスすれば入学することができますが、海外の大学院では入学試験以前から勝負は始まっています。

少しでも教授とコネクションを持って、試験を有利に進めましょう。

博士の学生は研究員として雇われる

海外の大学院では博士課程の学生は給料が支払われ、研究員としてみなされます。

大学院の教授は自分の研究費から学生を雇う必要があるため、知らない学生よりも自分のことを知っている学生を雇いたいと考えています。

特にインターンシップなどで一定期間研究室に所属していたことがある学生ならば、その学生が何をできるのかなどをしっかりと理解しているので、雇いやすくなります。

インターンシップをしていなくても、研究室をわざわざ訪問すればある程度の熱意を見せることができます。

海外の大学院では博士課程は学生ではないので、雇ってもらうためにできることは何でもやっておきましょう。

研究室を訪問する際に使いたいサイト

研究室を訪問する際に必要なものは大きく二つあります。

  • 航空券
  • ホテル

航空券とホテルがないと研究室に訪問することができないので、予約をする必要があります。

その際に簡単に航空券とホテル予約をすることができるサイトを紹介します。

航空券を予約するならこのサイト

航空券を予約する際に使いたいサイトはこちらのサイトです。

こちらのスカイスキャナーは色々な航空会社の中から自分の条件にあった航空会社を出してくれるサイトです。

時間と料金が同時に表示されるため、時間と料金を考えて航空会社を選ぶことができます。

特に乗り換えなのか、直行便なのか、なども知ることができるので、自分に都合のいい航空券を色々なサイトを探すことなく見つけることができます。

ホテル探しをするならこのサイト

ホテル探しをする際に使いたいサイトはこちらの二つです。

Hotels.com


Booking.com


これらのサイトは世界中のホテルをたくさん掲載していて、宿泊したい都市と宿泊日を入力するだけで条件にあったホテルをいくつも表示してくれます。

キャンセルも直前まですることができるので、とても便利なサイトです。

ホテル探す際にはぜひこちらのサイトを使ってみてください。

【Booking.com】世界のホテル割引予約 icon-external-link 

ホテル予約ならHotels.com icon-external-link 

スカイスキャナーの航空券比較 icon-external-link 

最後に

多くの人は研究室までわざわざ訪問する必要がないと考えるかもしれませんが、博士課程の学生ならやはり研究室は一度行っておくべきです。

その上で合わないと感じれば、お礼のメールだけ済ませ、別の大学院を探しましょう。

一度訪問したからといって、絶対に入学しなくてはいけないということもないので、ある程度志望度が高い研究室には足を運んでみてください。

オススメの記事

こちらの記事を読んだ方に合わせて読んでいただきたい記事はこちらです。

興味があれば、ぜひ読んでみてください。

【工学部の学生必見】工学部で有名なアメリカ大学院ランキング
志望校を選ぶときに多くの人が参考にするのが世界ランキングです。 世界中にたくさんある大学の中から優秀な大学を見つけ出すのはとて...
自分のしたい研究をしている研究室を見つける方法
理系の学生にとって自分の興味がある分野を行なっている研究室を探すことが何よりも大切です。 特に博士課程の学生にとっては留学後ず...

研究室はできるだけ事前に訪問しておいたほうがいい
この記事をお届けした
大学院留学するための志望校決定方法の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ホームへ戻る
自己紹介
 

広瀬雄一

2015年に東京大学工学部を卒業し、同年9月からスイスの大学院EPFLに修士課程の学生として留学しています。卒業予定は2017年7月。こちらのブログで海外の大学院へ入学するために必要な情報を発信しています。Facebookにて主にブログの更新情報をお知らせしています。
質問コーナー

質問受け付け

 
 
大学院留学についての質問を受けています。すぐに応えられるかどうかわかりませんが、時間があるときに答えていきます。
無料ダウンロード

無料ダウンロード

 
 
こちらからブログの内容や実際に提出した推薦状・成績表などをダウンロードすることができます。興味があればぜひダウンロードしてください。
  • 志望校決定方法
  • TOEFL対策
  • 推薦状
  • 大学成績
  • 大学院別必要TOEFL/IELTS
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

よかったらシェアしてください